高品質DVD激安販売専門店です
商品0件,合計0 円
yukimoks@hotmail.com
DVD文章カテゴリー

スター・トレック DVD 見てください!オススメです!

08/19/2013

 

スター・トレック  DVD  >>>>

スタートレックが世に出るまで


『スタートレック』はジーン・ロッデンベリーにより創作された。アメリカ西部開拓を描いたテレビドラマ『幌馬車隊』のように宇宙を開拓する物語が初期の構想であった。これは、SFの形をとることにより、当時のアメリカの社会問題を検閲されずに物語に盛り込み、指摘できると考えたためである。彼は『ホーンブロワー』にインスパイアされたことも語っている。

ロッデンベリーは1964年、まずメトロ・ゴールドウィン・メイヤーに『スタートレック』の企画を持ち込むが、採用されなかった。次にCBSに企画を持ち込んだが、CBSではすでに『宇宙家族ロビンソン』というSFの企画が進行中であったために断られてしまった。
 

スター・トレック DVDスター・トレック DVD


次にロッデンベリーがこの企画を持ち込んだNBCではパイロット版を製作するよう言われ、ジェフリー・ハンターをクリストファー・パイク船長役としたパイロット版「歪んだ楽園」を製作する事になった。この第一パイロット版はNBCからアクションシーンの少なさを指摘された。

しかし、異例ながら第二パイロット版の製作が許可され、ロッデンベリーはウィリアム・シャトナーをジェイムズ・T・カーク船長役とする「光るめだま」を製作した。この第二パイロット版のおかげで、1966年2月に初代シリーズである『宇宙大作戦』の放映が決定され、同年9月より放映される事となった。

スター・トレック DVDスター・トレック DVD


作品世界
時代は作品ごとに違うが22世紀から24世紀の話で、24世紀の段階で地球人は銀河系内のほぼ四分の一の領域に進出しており、様々な異星人と交流しながら、残りの領域の探索をすすめている。23世紀以降の地球からは貧困や戦争などが根絶されており、見た目や無知から来る偏見、差別も存在しない、ある意味で理想的な世界と化している。貨幣経済はなくなり、人間は富や欲望ではなく人間性の向上を目指して働いている。

地球は150個ほどの星系とともに惑星連邦という組織を作っており、宇宙艦隊を編成して銀河系の探査や学術調査、外交、治安維持等の任務にあてている。他にも様々な星間国家が存在して、武力行使を含めた外交の駆け引きを繰り広げている。惑星連邦の本部はパリにあり、宇宙艦隊の本部はサンフランシスコにあるという設定になっている。惑星連邦内では軍事力を伴った紛争がほぼ根絶されたが、他の星間国家との間ではそうはなっていない。クリンゴン帝国やロミュラン帝国、カーデシア連合などの好戦的あるいは侵略的な国家との関係が必ずしも良好ではないためである(クリンゴンとは『新スタートレック』以降は同盟を結んでいる)。

『スタートレック:エンタープライズ』では惑星連邦設立以前の時代を描いているが、他の作品に出てくる星間帝国や異星人が登場しており、シリーズとしての一貫性が保たれている。また、銀河系の一部しか知られていないという設定のため、後の作品(歴史)上では既成の事実や知識となっている未知の異星人や、宇宙の現象と初めて遭遇するパターンも多く使われている。

このシリーズの主要な構成は、宇宙艦隊に所属する宇宙船もしくは宇宙ステーションで活動する主要な登場人物(地球人とは限らない)が、艦長や司令官の指揮のもとに様々な困難を乗り越えて活躍し、他種族や未知の生命体や文明と交流していく様を描いている。これらの登場人物と、習慣や価値観の異なる異星人や、様々な宇宙の現象との遭遇等が絡みあい、ドラマが繰り広げられる。

スター・トレック DVD
スター・トレック DVD
尚、ヒューマノイド型の異星人が多いのは、元々の遺伝子が同じものであったから、というエピソードが『新スタートレック』で語られている。クリンゴン人を始めいくつかの種族には独自の言語が設定されているが、高性能な宇宙翻訳機があるため、基本的にどの星の人とも英語で会話が出来る(フェレンギ人が過去の地球に囚われてしまったエピソードには、翻訳機が頭に埋め込まれていることを示唆する描写がある)。未知の言語であっても普通はコンピューターが短時間で解析し翻訳出来るようになるが、一部の特殊な言語を持つ種族に対しては翻訳が不能であるなど例外もある。『エンタープライズ』ではまだ翻訳機の性能が低く、意思疎通に苦労することも多かった。

銀河系は4つの宇宙域に分けられ、太陽系はアルファ宇宙域とベータ宇宙域の境界線上にある。

固有名のない惑星は「○○X号星」(○○という恒星のX番目の惑星)と呼ばれる。主要な居住惑星は母星と同じ名前で呼ばれることもある。
 

スター・トレック DVDスター・トレック DVD
劇場映画

詳細は「スタートレックの映画作品」を参照


オリジナルシリーズの終了後、アニメ版の製作放映を経て、劇場映画への動きが始まった。


1974年にロッデンベリーは、劇場映画『スタートレックII』を1975年に公開しようと企画した。しかし草稿台本にパラマウントの了承が出ず、公開延期、テレビ映画への変更を経て企画は消滅した。1976年には再び『スタートレックII』の企画が立ち上がったが、この企画もまた台本草稿にOKが出ずに消滅した。


1977年には新テレビシリーズ『スタートレック:フェイズII』の企画が立ち上がった。だが『フェイズII』が企画されている時期に、『スター・ウォーズ』のヒットをはじめとするSF映画ブームがおこる。そして劇場版へと企画が変更され、『スタートレック』として映画公開されるに至った。
 

 

 

 激安DVD でyukimok.com 激安DVD-ドラマDVD,格安DVD販売専門店!

ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません
合計 0 件レビュー
Eメールアドレス:
レビュー等級:            
レビュー内容:
文章分類
お薦め記事
商品の履歴